-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODL

2013-01-20 14:58 | カテゴリ:ava

ODL1日目が終了。

clan斜陽は元々大会に出るつもりなかったのですが、クラメン数名から出たいとの希望があり(締め切り当日)慌てて登録。

チャレンジリーグに登録するつもりが、少し欲が出てマスターに登録しちゃいました。

そして、すごい強いブロックに入れられ、半ば苦笑。


でもまあ人数集まるのかなーとか思い当日を迎えてみると人数4人確定で、

@1なんですよねー(チラチラ とクラメンからこっちを見られマスターの責務を感じ、

しゃあなしでAVAインストール。

(メンヘラなので、リアル忙しくてやれない時はよくアンインストールしてます。)



斜陽自体は年末に活動して以来、ほとんど活動してませんでしたが、

AVA休憩勢は定期的にAVAやってたみたいだし、

優勝とかはさすがに無理だけど、内心、良い勝負できるかなと思ってました。


というのも年末にやった時には、普段のCWとはいえ結構普通に勝ててたから。

斜陽のクラン募集で最低限の立ち回りできるってのがあるけど、

中身は、まあ5:5のCWに慣れていてくれればおkなレベル。

僕や帝王が立ち回り指導することなんてないし、そこまで求めてなかった。

そんな即席の烏合の衆で勝ててたのだから実際のところ、その実はAim勝ちに拠るところが大きかったのでしょう。

実際、Aim良い人が多いしね。



そしてやっぱり大会というものは普段のCWとは違うとまあわかっていたけれど、その部分を改めて実感したのでした。


AVAやらなくなって、もはや傍観者になりRSTの中継される大会動画とかを見ていると、

「読みあって、崩し合う」 というよりも 「ミスをし合って、どちらが大きなミスをしないか」 という内容に終始しているのをみて、

レベル低いなーとか思ってた自分がいたわけですが、

今回は、正に自分達がそれでした。


元々、そういう所を求めているクランじゃないし、5:5のCWできたらいいやっていう感じだったので、

求める方が間違ってるけど、やっぱり大会ではそういうミスが、よりダイレクトに勝敗に直結してしまう。

故に、大会で勝つという目標に対しては普段のCWからどれだけ正確な行動基準を作り、当たり前のことを明文化できるレベルで理解・実践できるかというところに終始するのだと思う。



とまあ、僕にとってはODLといえど初めてこんな浮ついた状態で挑んだ大会だったので、

色々感ずるところが多かったのでした。


それでも、正月以来リアルで少し気が張り詰めすぎてたから、

一日お祭り気分で楽しめたし良い気分転換になったのかな。



3月にRSTあるならワンチャンガチで挑めるかなとか思ってたけど、

やっぱり色々と天秤にかけると厳しいのかなあ。

ガチで大会挑むってなるとほんとにそれ以外のものを捨てないといけないから。

それに比して得れるものが少なすぎる。楽しいけど。

やるとすればまたあのレベルの戦いができるメンツが揃った時だけかな。

もっと賞金上げて、オフライン大会をオンライン大会と同じ月にやってくれ~~~~~~~~~~~

と心の中で叫ぶのでした。





みりんちゃんはやる気です。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://tomdelong.blog73.fc2.com/tb.php/317-95fe784f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。