-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-24 14:21 | カテゴリ:ava
さてさて、Zoome+申し込んで動画あげるついでに、avaで感じること主にAimについて書いてみます。

AVA初めてちょうど半年くらいたちました。
それまではWarrock一本で、Warrockで求められるAim力ってのは動く的(敵)の頭に反動を抑えつつレクティルを合わせ続けるってこと。
ADとかQuakeLiveのAimと似てますね。ジャンプがないことくらいでしょうか違いは。

それで本題のAVA。
私が思うRMのAim力ってのはまた別の機会にして、SRに関して。
特に対SR(つまりSR対SR)に関して、始めた当初は反射神経+Aim勝負って思ってました。
でも、それは大きな間違い。
例えば、有名なReactionTimeってありますよね。
あの計測の優れているところってモニタとかマウスとかデバイスも含めた総合的反射神経が計測できるってところ。
その人中身の反射神経じゃなくて普段FPSをプレイ環境下での計測を平等にできるってことです。(つまりデバイスの性能も加味されてるってこと)
それで、そのReactionTimeでのアベレージは0.18~0.20が平均と言われてます。
私は、平均で0.16~0.17くらい。調子良い時(タイミングとかもろもろ)で0.15台後半。
それで、反射神経が神ってると言われてる某有名FPSプレイヤーで0.14くらい。
凡人プレイヤーと有名プレイヤーの差ってこの0.04秒の差です。
この0.01~0.04秒の差を縮めるには相当な努力が要るはずですし本来は、有意な差であるべきなんです。
でも悲しいかな経験上、AVAは*仕様*という言葉でこの差が有意ではなくなります。(オンラインFPSってだいたいそうでしょうけど)
つまり精確な数値はわかりませんが、ReactionTimeで例えるとラグもしくは仕様によって赤に変わる瞬間が、
上手く仕様を利用したら相手より0.1秒もしくはそれ以上早く見えるってことです。
これが、純粋な反射神経の差での有意性を無くすってこと。

めちゃくちゃ上手いスナイパー。
どうしても撃ち勝てない強いスナイパー。
でも諦めてはいけません。
大部分の場合に於いてあなたと反射神経に圧倒的な差があるから負けているというわけじゃないし、
その実力差は、先天的な才能の差ではない。
それは単に、どれだけこのゲームを理解しているか、またどれだけそれを応用できるか。
それが経験に基づくものであれ、思考に基づくものであれ、はたまた野性的な勘に基づくものであれ差が存在するということ。
だから、逆にそこさえ理解して、上達する練習方法や意識の主眼を変えていけば、
勝つチャンスも増えるんじゃないか?って私は思います。

ではそういう、相手を倒すにはどうしたらいいか。
相手より上手く仕様を利用する、若しくは相手にそれを利用させない勝負にもっていく。
実際、上手いって言われる人の動きを見ているとほとんどこれに当てはまると思います。
で、AVAに於ける上級者同士の戦いってだいたいこれの駆け引きな気がします。
そこで、お互いがほぼ同じ有意差で仕様を利用した場合は反射神経とかいう部分も出てくると思うんですけどね。

それでは、脱中級者若しくは上級者に撃ち勝つにはどうしたらいいか。
仕様を理解して、それをどう利用すれば展開を有利にもっていけるかを考える。
又は、やられた時にそれを考える。試してみる。

あ、それでその仕様部分って具体的になんぞやって思う方ももしかしたらいるかもしれません。
それは壁から出るときの横移動だったり、しゃがみだったり、右壁左壁だったりするわけですが、
自分もまだはっきりとわかってるわけではないし、他の方のブログに詳しく書かれてたりするので割愛します。
(でも、こういう情報量の圧倒的な差が上級者と中級者の間にあると思う)


これはあくまで私の考察なんで、反論は受け付けませんw
それで、かねがねこういう考察は大部分のPlayerにあてはまりますが、たまに当てはまらない人がいる。
そういう人こそ、天才だなって思う。

長くなったので、Aim調整方は次の記事に書いておきますw
なんか、最後の方はどうやって上級者を倒すかってなってしまったのは内緒。
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://tomdelong.blog73.fc2.com/tb.php/96-6cab5518
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。