-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-26 21:06 | カテゴリ:ava
前回は偉そうにSRについて書きましたが、
今回はいつもゲーム前に行ってるAim調整について書きたいと思います。
但し書きとして、前回の記事はずいぶん偉そうに書いてますが、
あくまで自分が半年間このゲームをして感じたこと、
もしくは、こうではないかと思ったことを書いてるだけで、
こうすれば勝てるっていう方法を書いてるわけじゃないし、
人にそれを説法できるほど上手くないということも承知しておりますので、ご了承ください。


それで本題のゲーム前のAim調整です。
私はほとんどSRしかしないので、それについてです。
RMについてのAim調整とかは色々な方のブログで書かれています。
SRについては、あまり書かれているのを見かけませんが、
おそらく各個人でなんらかの方法で訓練や調整を行っているかと思います。
特に私は、長年FPSをやってきて自分に運動神経的なFPSの才能がないってことを知ってるので、
そこを努力と考え、又は他人より効率よく訓練と思考を行うことで挽回しないといけないと思ってます。

それで、自分に足りないというかAVAのスナイパーに最も重要で、
鍛えるべきだなって感じる能力は、画面の敵を把握して素早くそこにAimをもっていく能力。
基本的にAimが良い悪いっていうのは、どれだけ精確にかつ素早く相手(もしくは頭)にレクティルを合わせるかってことだと思います。
それは基本的にマウス操作の精確性を指すわけですが、
さらに敵が視界(ディスプレイ)に映った瞬間にどれだけ早くそれを敵と認識してAimingする動作に移れるかっていう能力もAimingの一つだと思ってます。
特に、これはAVAのスナイパーにとっては重要な能力だと思います。
それは前回の仕様の話とも絡んでくるのですが、壁から出た瞬間にどこに敵がいてそれを敵と認識できて、
はじめてAimingできるわけで、それが早ければ早いほど自分の被弾率も少なくて済むはずです。
つまり、【目が敵を含めた画面を知覚→脳にその信号が伝えられる→脳でそれがオブジェクトか敵かどうか等の情報を判断→脳が情報を整理してやるべき操作を指示→末梢の手に信号が伝えられマウスを動かす操作に入る】という青字の部分を反復練習によって早めることを意識して練習します。
難しく書いてますが、要はウォーリーを探せを毎日見てたらすぐにウォーリーがどこにいるか色、形が脳にインプットされて反射的に見つけれるようになるでしょ!ってことw例えが悪いかw

上記のことを踏まえて、自分がやっているゲーム前のアップ法を紹介します。
Shoot・・・画面を通常の2~3サイズほど大きくして、できるだけ早く当てることで動体視力を中心に鍛える。それの動画

AI戦Hard・・・MAPはどっちでもいいです。音なし(防具なし推奨)でスコープの視界内に敵が入った瞬間に出来るだけ早くAimを合わせることを意識。確実性よりも速さ。それと壁からでた瞬間は特に敵という認識を早めることを意識する。青字で書いたことです。だいたい最低2戦はしてます。
それの動画

↑2か月前くらいに、SPINOZAの人にせがまれて撮った動画です。短いですがご勘弁をwこんな感じでやってます。今はちょっとマイナーチェンジしてますがw
それと昔撮ったCW動画もZOOMEにうpしましたw暇な方は見てみてくださいw


たぶん、これらのことは、才能がある人って意識する前からできてると思いますが、
できてない私は意識して練習して効率を上げるしかないって思います。
ちょっと急ぎで書いたので、また後で編集すると思いますが、とりあえずここまで。
自分のように後からAVA初めて、追いつく為に四苦八苦している人の一助になればと思います。

>マスター
RMのAim調整はわかりません!w
スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://tomdelong.blog73.fc2.com/tb.php/97-8b51ee98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。